女装

【女装】男でもレディースの服を買いやすい実店舗

投稿日:

女装用の服を実店舗で買う

女装をするときに着る服をどこで買うか、初めての時は迷うことだらけだと思う。

女性の服を買う方法は2つ

  • 実店舗で買う
  • ネットショッピングで買う

人目が気になるので、「ネットショッピング1択に決まるじゃん!」
って気持ち、僕にはよく分かる。

でも、実店舗で買うのも悪くない。

  • 女子に混じって服を選んでいる苦行が逆に楽しい
  • 素材や透け具合・サイズなどを手にとって確認(さずがに試着は出来ないが・・・)
  • 達成感が違う

しかし、やっぱり人目が気になる。
特に人が多いと、ゆっくりと、どの服にしようか迷うことができない。

そこで、買いやすい店や時間帯などを紹介する。

女装用の服を買いやすい店舗

男がレディース服を買いたいときに使う実店舗

まずは、具体的にどの店であれば、男でもレディース服が買いやすいか、僕の経験と偏見で具体的な店舗名を紹介する。

コスプレ店は難易度が低いが・・・

セーラー服や看護師などの制服や、ヒラヒラした服などが売っているコスプレ店は、
コスプレをするための服を売っているだけあって、男の客の方が多い。

他の客も男が多いので何も恥ずかしがることなく、じっくりと服を選べる上に、店員さんも慣れたものだ。
店の性質上、店員さんから話しかけてくることはない。

デメリットとしては、ムダに高いこと。

そして、『ザ・コスプレ』というような服ばかりであること。
僕も、女装を始めた頃に何度かコスプレショップを巡ったが、結局何かを買ったことはない。

ファッションセンターしまむら

僕が学生の頃にお世話になる事が多かったのはファッションセンターしまむらだ。
値段が安いので、ササッと何点か買うことができる。

しかし、多くの店舗は店員さんも含め地元感があり、変わった人(レディース服を選ぶ男)には奇異の目を向けられることが多い。

GUやGAP

GUやユニクロ、GAPなどは男が入っても自然であり、かつ、レディース服とメンズ服のエリア分けも明確でなかったりする。
しかも客層が広く、男がレディース服を選んでいても、それほど違和感は持たれない(気がする)。

特にGUは値段の安さと品揃えの良さは、質より量を求めるのであれば、とても助かる。
ちなみに、僕は新宿3丁目のGUによく行く。
新宿2丁目が近いため、人目があまり気にならないからだ。

イオンやヨーカドー

郊外などの人が少な目のヨーカドーやイオンも、ゆっくりと選びやすい。

衣料品コーナー以外は人が多くても、衣料品コーナーのみ人がまばらだったりする。
値段も安めだが、ダサいものも多い。
また、他の客は少なくても店員さんから奇異の目や懐疑の念を持たれることがありがちだ。

 

実店舗で買うメリットとデメリット

ここで、実店舗でレディース服を買うメリットとデメリットをまとめておく。

メリット

実店舗で女装用の服を買うメリットは、以下のとおり。

  • 実際に手に取って選べる
  • サイズの確認ができる(試着は難しいが)
  • 買い物自体を楽しめる

デメリット

デメリットは、『人の目が気になる』の1点かもしれない。

しかし、それによって以下の弊害がある。

  • ゆっくり選べない
  • ビビって買えない
  • 思ったより人が多くてレディース服コーナーにすら行けない

迷いに迷って人目が気になり結局買えないこともある。

レディース服を買う時の事前準備

女装用の服を買う時の事前準備

実店舗に行っても堂々と買える人は事前準備なんて必要ないが、そうでないなら、ある程度準備をしてから店舗に行きたい。

心の準備

勇気を出してレディース服コーナーに足を踏み入れて選んでみたが、実際に買うことにビビってしまい買わずに帰ってきて後悔する。
そんな思いをしないように、「欲しいものがあれば必ず買う」という心の準備をしてから店に行きたい。

特にレディース服は売り切りで売っていることが多いため、気に入った服が翌日以降もあるとは限らない。
一期一会の精神で気に入った服は必ず買うようにしたい。

適度に清潔な格好で

女装で買いに行けば人目が気にならず、ゆっくり選ぶことが出来るし試着もできる。
しかし、これは女装が人にバレないこと(完パス)とバレない自信がないと逆に人目が気になってしまう。

完パスできないのなら、普通に男の姿で買物をするべきだ。
その時も、清潔感がある服装にしておかないと、他の女性客に気持ち悪がられ度が上がる。

買いやすい時間帯

あえて、ドヤ顔で語ることではないが、
買いやすい時間は平日の午前中だ。

もっと言えば、開店直後は客が少なすぎて逆に目立つので、開店の30分〜1時間後だ。

レディース服を買うに当たっての一番の敵は女性のグループ客だ。
しかし、お一人様女性客は、一々僕のことなんか気にしないし陰口も言われない。
(まぁ、たいていは自意識過剰なんだけれども・・・)

そんな、お一人様女性客に混じって「僕もお一人様女子ですよ」と言わんばかりに堂々とワンピースを体に当ててサイズやフィット感を試すのだ。

事前にイメージ

どういう服が欲しいのか、ある程度当たりをつけてから店に行きたい。
店に行ってから一から選び始めると、迷いまくって結局買わないってことになってしまう。

レジ・決済方法の確認

恥ずかしがり屋であれば、レジをサッと済ませたい。
電子マネーが使えるのであれば、現金を出すよりもスムーズに会計が終わる。

また、GUなどでは無人レジしかないが、使い方が分からず戸惑っていると、
親切な店員さんが、大きなお世話を焼いてくれる。

不安であれば、前もって男物の買い物などで予行演習をしておこう。

 

まとめ

実店舗で女装用の服を初めて買うときは、少し勇気が必要だ。

しかし、男でも入りやすい店で、さらにGUのように無人レジであれば、それほどハードルは高くない。
ネットで買うよりも達成案があるので、少し勇気を出してみて欲しい。

とにかく、「一度買ったことがある」という事実が、今後の自信にもつながる(大袈裟だが)

最初さえ、うまくこなせば2回目からは余裕が出る。
そして、キレイでイケてる女子を目指したい。

-女装

Copyright© 女性スタッフが施術するメンズVIO脱毛店FAN , 2022 All Rights Reserved.