自己処理(除毛・脱毛)

男だってキレイに剃毛?陰毛処理用の電気シェーバーで脱カミソリ

更新日:

男だってキレイに剃毛しよう!カミソリでなく陰毛処理用の電気シェーバー

僕が初めてやった陰毛の処理はカミソリでの剃毛。

男なのにツルツルになった自分のチンチンが愛おしく思えた。

けどさ、今なら分かるけどカミソリでの剃毛やめた方がいい。

できれば、
レーザー脱毛やフラッシュ脱毛が見た目も予後もいいんだけど、そこまでの行動を起こせなかったり、お金の都合もあると思う。

ということで、どうしても剃毛するっていうなら、良い剃毛方法でやるべきだ。

カミソリでの陰毛処理はデメリットだらけ

カミソリでちん毛を剃るのは注意

ヒゲを電気シェーバーではなくカミソリで処理している人にとっては特に身近な存在のカミソリ。

だから、カミソリでヒゲ剃りついでに、陰毛を除毛している人も多いと思う。

カミソリでの剃毛は手軽だがデメリットが大きい。

手軽でお金がかからない

ある日、風呂に入って急に、「ちん毛を剃りたい」思ったらカミソリを使うしかない。

カミソリのメリットは何と言っても、手元にあるものだから手軽だしお金もかからないのがメリット。

肌に悪影響を与える

カミソリでヒゲを剃っているとカミソリ負けをすることがある。

そのカミソリでちん毛を剃ると、そのリスクはもっと大きなものになる。

なぜなら、陰毛が生えているゾーンは柔らかいくデリケートな肌だからだ。

「少しでも綺麗に」と思って、同じところを何度も剃ったり強く押し当てると後で後悔することになる。

肌の表面は肌を守るためのバリア機能がある。

カミソリで擦ると肌の表面が削れてバリア機能も失われる。

そうなると、
細菌などの侵入しやすくなり肌のトラブルに見舞われたり肌が乾燥する。

肌の乾燥でもバリア機能が低下するので、さらに肌の状態が悪くなる。

と、いうような負のスパイラルに陥ってしまう。

その他にも、深剃りや逆剃り(毛の流れに逆らって剃毛する)をすると、毛穴が荒れて毛が皮膚の上に出ないで皮膚の中で成長してしまう埋没毛になることもある。

カミソリを続けると黒く色素沈着する

肌が薄く弱い部位なので何度も刺激を受けていると、肌を守るためにメラニンが過剰に分泌されて黒ずみになってしまう。

チンチンとタマタマが黒いのは仕方ないが、ビキニラインまで黒いと見た目が悪い。

できるだけ早めにカミソリを卒業するのが望ましい。

とはいっても、
1回2回剃ったからどうなるってことでもないので、今すぐカミソリを辞めなきゃヤバイってわけではない。

継続的に剃毛するならカミソリではない方法に乗り換えよう!

電気シェーバーでの陰毛処理

ちん毛をシェーバーで剃る場合とカミソリで剃毛する場合

シェーバーならヒゲ剃りで使ってるヒゲ用の電気シェーバーでいいじゃん?

って、思った人。 やめておいたほうがいい。

ヒゲ用のシェーバーでは上手く剃れない。

一度持っているヒゲ用のシェーバーで試してみれば判る(怪我に気をつけて)けど、

ビキニラインは顔と比べて皮下脂肪もあり、ヒゲ用のシェーバーでは上手く剃れない。

また、チンチンの付け根部分がうまく剃れない。

ちん毛を剃ったシェーバーでヒゲを剃るのが、衛生的・気分的に嫌って人も多いよね。(僕は気にならないが)

電気シェーバーを使うのなら、ちん毛用やボディー用のシェーバーを準備しておきたい。

おすすめのシェーバー

ヒゲ剃りでもそうだが、こういった器具は粗悪な商品が多い。

だから、人気のある商品や有名メーカーのものを選びたい。

僕が紹介するのは、それなりに評判がいい電気シェーバーだ。

クソ安いおもちゃのような電気シェーバーも存在するが、

  • 毛づまりが酷い
  • すぐに壊れる
  • 最悪の場合は怪我をする

このような理由で僕はおすすめできない。
(使い捨て気分で試しに買ってみるのもいいかもしらないが)

ちん毛を剃るための、おすすめのシェーバーを紹介する。

ケディオス(KDIOS) 男性用グルーミング・シェーバー

ケディオスのシェーバーは使っている人が多い。

比較的安くて評判もいいので、初めて買うならおすすめだ。

Iライン(タマからお尻の穴近くまで)やOライン(お尻の穴まわり)を剃るためのシェーバーなので、細かい所でも剃りやすいし安全だ。

当然、Vライン(ちん毛)もキレイに剃れる。

防水なので風呂でも使える

デメリットとしては、乾電池式なところ。

単4乾電池を1本でいいのだが、万が一切らした場合は面倒だ。

 

パナソニック ER-GK71-K ボディトリマー

パナソニックのボディトリマー。

メーカー品なので安心できるが、値段が大きなデメリット。

だけど、お値段以上の働きをしてくれる。

4種類のアタッチメント(2mm,3mm,6mm,9mm)がついているので、ツルツルではなく短くカットしたい場所はアタッチメントをつけて短くできる。

アタッチメントを外すと0.1mmまで剃れる

だが、ちん毛は柔らかい部位なのでアタッチメントを外して剃るときは丁寧にしよう。

防水なので風呂で使えるのはうれしい。

それに、充電式なので電池を準備しなくてもいい。

 

フィリップス ボディグルーマー

パナソニックやフィリップスなどの有名メーカーは安心する。

値段が安いが0.5mmまで剃れる。ヘッドが大きいのでちん毛もすぐに剃れる。

デメリットとしては、電池式(単3乾電池)な点と、

ヘッドが大きいので、IラインやOラインの処理は難しい。

 

ちん毛の処理をするなら

アタッチメントがついているシェーバーもあるが、ちん毛に関しては、アタッチメントなしで処理をすることをおすすめする。(怪我には注意)

5mmなどにカットするとチクチクしてしまうからだ。

もしちん毛を短くカットするなら、ヒートカッターを使うとチクチクしない。

ヒートカッターは↓で紹介している。

 

ちん毛の再度をシェーバーでツルツルにして、

センター部分をヒートカッターで短くカットすると自然な感じになるのでおすすめだ。

-自己処理(除毛・脱毛)

Copyright© 女性スタッフが施術するメンズVIO脱毛店FAN , 2021 All Rights Reserved.