自己処理(除毛・脱毛)

男のムダ毛処理で除毛クリームを!どんなメリットとデメリットがあるの?

更新日:

除毛クリームのメリットとデメリット

ムダ毛の自己処理の方法のひとつに除毛クリームがある。

カミソリでの処理に限界を感じた人が、まず手を出すのが除毛クリームかもしれない。

でも、除毛クリームにはメリットだけでなくデメリットもあることを知っておきたい。

除毛クリームとは

除毛クリームとは何?

除毛クリームはムダ毛の自己処理が簡単にできる。

最近では女性だけでなく男性もムダ毛処理をする人が増えてきたので男性用の除毛クリームも多い。

でも、僕たち男にとっては除毛クリームってあまり馴染みがないかもしれない。

どういう仕組みで除毛できる?

仕組みはシンプルだ。

タンパク質を溶かす薬品が入ったクリームを肌に塗り、毛を溶かして除毛するというもの。

ワックス脱毛やフラッシュ脱毛と違って毛根から抜ける訳ではない。

肌から出ている毛を溶かすだけなので『脱毛』ではなく『除毛』だ。

タンパク質を溶かす薬品を使うのだから、髪の毛も溶かしてしまうし肌にもダメージを与えてまうので使用時には注意が必要だ。

除毛クリームの使い方

肌が弱い人は特に初めての使用前にパッチテストを行って、肌に影響がでないか確かめよう。

パッチテストとは腕などの比較的強い部位に500円玉程度の大きさで使用する。

それで、肌が赤くなったり痒くなる場合は残念だが使用しないようにしよう。

問題がなければ、クリームを肌に塗。

注意点としては濡れた肌に使用すると効果が出にくくなるので、洗い流すことを考えて風呂でしようする場合は肌が濡れないように気をつけよう。

10分~15分待ち洗い流すと完了する。

除毛クリームのメリット

除毛クリームのメリット

自己処理方法として除毛クリーム以外に、

  • カミソリ
  • 電気シェーバー
  • ヒートカッター
  • ワックス
  • 家庭用脱毛器

などがあるが、除毛クリームを使うメリットを考えていきたい。

生えてきた毛がチクチクしない

カミソリで剃毛すると剃った後チクチクする。少し伸びるとさらにチクチクして痒くもなる。

剃毛するとカット面が大きくなるためだ。

除毛クリームを使用すると自然な仕上がりで毛が伸びてきてもち毛ざわりが良い。

手軽に購入できる

除毛クリームはドラッグストアで買うことができる。

ドラッグストアで買うのが恥ずかしいのなら、Amazonや楽天などの通販で買うことができる。

手軽に買えるのもメリットだ。

痛くない

脱毛・除毛で最も痛くない方法が除毛クリームだ。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛は照射時に痛いし、ワックス脱毛も毛抜きも痛い。

カミソリは怪我やカミソリ負けをする可能性もある。

しかし、人によっては除毛クリームも肌荒れを起こしてしまう。

すぐに除毛できる(手間がかからない)

除毛したい部位にクリームを塗って数分後に拭き取るだけなので、除毛クリームさえあればすぐに除毛できる。

ワックス脱毛のように準備や技術も必要ないし、ジェルを塗って気を付けながら剃らなければならないカミソリよりも手軽に除毛できる。

剃り残しがない

カミソリでの剃毛は狭い部位が剃れなかったり、カミソリを立てて使って肌を傷つけたりすることがある。

窪んでいる部位などをカミソリで綺麗に除毛することはとても難しい。

その点、除毛クリームなら塗ってから拭き取るだけなので、窪みなどの毛もしっかりと処理できる。

 

除毛クリームのデメリット

除毛クリームのデメリット

除毛クリームを使用するメリットは多くあるが、反対にデメリットも多くあるので良く考えてから処理方法を決めたい。

恒久的な脱毛ができない

除毛クリームは肌に出ている毛を溶かすだけの処理方法なのですぐに生えてくる。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛のようなに毛根にダメージを与えるようなものではない。

その点はワックス脱毛(ブラジリアンワックス)と同じだがワックス脱毛は毛を抜くのに対し、

除毛クリームは肌の表面の毛を溶かすだけなのでワックス脱毛よりも、早く毛が生えてくる。

そのため頻繁に処理をする必要がある。

肌にダメージがある

除毛クリームは少なからず肌にダメージを与える。

正直、僕は実感したことがない。(肌荒れをしたことがない)

しかし、毛のたんぱく質を溶かすクリームを塗る肌も同じたんぱく質と考えると・・・

人によっては赤く腫れたり肌荒れになることがある。

商品によっても変わってくる。

使用時に臭い

いや、僕的にはそれくらい我慢しろよ!とは思う。

ただ、除毛クリームの広告に

『〇〇の香りで気持ちよく除毛』的なコピーがあると、だまされた感がある。

実際は臭いニオイを良い香りでごまかしているだけだ。

鼻を突くようなツンとした刺激臭なので苦手な人も多いようだ。

使用できる部位が限られる

薬品を使用するので使用できる部位が限られる。

皮膚が薄い顔やデリケートゾーンには適していない。

それでもVIOなどのデリケートゾーンなどにも使用できる除毛クリームもあるので、

使用したい部位によって商品を選びたい。

まとめ 除毛クリームはアリかナシか?

除毛クリームはあり?

ムダ毛を自己処理する場合、除毛クリームを使うという選択肢はアリなのかナシなのか。

除毛クリームは自己処理の中では短時間で簡単に除毛できるので悪くない。

こういう人にはオススメ

  • 肌が弱くない(肌トラブルが少ない)
  • 自分で処理をしたい
  • 恒久的に毛をなくすのは嫌だ

脱毛・除毛するとどんな感じになるのか試してみたい人が、とりあえず使ってみるのもいいかもしれない。

僕も、カミソリでの剃毛⇒除毛クリーム⇒ワックス脱毛⇒フラッシュ脱毛
という風になんとなく段階を踏んで推移していった。

しかし、クリームでの除毛は一時的なのものなので脱毛を考えているのなら、

初めからレーザー・フラッシュ脱毛を選択する方が、費用的にも時間的ににも良い。

将来的に脱毛(フラッシュ脱毛やレーザー脱毛)を考えているけど勇気が出ない人や、

毛が無い状態を一度体験してみたい人も、除毛クリームを選択してみて良いだろう。

-自己処理(除毛・脱毛)

Copyright© 女性スタッフが施術するメンズVIO脱毛店FAN , 2021 All Rights Reserved.