脱毛あれこれ

介護脱毛は必要か?将来の男のためのVIO(陰毛)脱毛が人気

更新日:

男の介護脱毛

脱毛サロンでの雑談で『介護脱毛』なる言葉を初めて聞いた。

なんでも最近、介護脱毛に来る客が多いのだとか。

将来介護される時のエチケットとして脱毛する人が多いそうだ。

初めて知ったことだが、数年前から最低限のエチケットとして『介護脱毛』をする女性は多い。

最近になって男性も『介護脱毛』をする人が急激に増えてきているそうだ。

「まだまだ若いから・・・」

「介護なんて数十年先の話だから、そのころに考えればいいや」

というような考えで後回しにしてると後で後悔することになるかもしれない。

介護脱毛のメリット

介護脱毛のメリット

脱毛と介護って一見あまり結びつかないけど、親など家族の介護をしたことがある人は心当たりがあるのかもしれない。

排泄介助がやりやすい

介護が必要な家族がいない場合はあまり分からないかもしれないが・・・

オムツ介護のとき、毛があるのと無いので大きな違いがでてくる。

赤ちゃんのお尻と違いお年寄りのお尻はハリがなく上手く拭けない。

毛が無い部分でもお尻拭きで何度も拭き取らなければ便が取り切れない。

毛があれば毛に絡みついてしまい便も尿も綺麗に拭き取ることは不可能に近くなる。

皮膚疾患や肌荒れになりにくい

上記のように便や尿が少しでも付着した状態で長時間いると肌が炎症を起こす。

肌荒れをしないように、お尻拭きで何回も拭き取っていると、皮膚が赤くなりヒリヒリしてしまう。

祖父母の介護をしていた僕の母はいつも祖父母のお尻が痛々しいことを気にしていた。

排泄介護が必要なお年寄りは、ほとんどの人がお尻に炎症を抱えている。

また、便には多くの大腸菌がいるため肌に長く滞在しているうちに、感染症へと発展してしまうこともある。

IラインやOラインの脱毛によって、そういったリスクを抑えることができる。

ムダ毛の処理や抜け毛の掃除が不要

上記のように介護札網をしないデメリットは大きい。

そのため、衛生面や手間を解消するため定期的にハサミなどで切ったりする。

ハサミで切ることによってチクチクして痒くなることもあるし、介護する人の負担にもなる。

また、
介護脱毛といえば陰部のことが頭によぎるが、男性の場合はヒゲの処理が不可欠になる。

ヒゲは伸びるのが早く、最低でも週に2回程度処理をする必要がある。

これも介護をする人にとって負担となる。

介護脱毛にデメリットはあるの?

介護脱毛のデメリットとは?

脱毛をすれば、将来的には介護をしてくれる人や介護を受ける自分のためになる。

でも、脱毛にはデメリットもある。

デメリットも良く考えて脱毛を始めないと後で後悔するかもしれない。

脱毛時に痛い

脱毛方法には主にレーザー脱毛とフラッシュ脱毛がある。

レーザー脱毛は我慢できるか出来ないかのギリギリ痛さだ。

とはいえ、
VIOの脱毛ならフラッシュ脱毛で充分なので、わざわざレーザー脱毛を選ぶ必要がない。

将来のためを考えると、瞬間の痛みくらいは我慢したい。

脱毛料金が高い

「全身脱毛に60万円も使ったのに、まだ毛が残ってる」

なんて聞くと怖くて脱毛に行けない。

だけど、介護脱毛ならVIOだけで充分だ。

それに、わざわざレーザー脱毛を受ける必要はない。

毛をどれくらい減らすのかによって、脱毛に行く回数や金額が変わってくるが何十万円も掛かることはない。

とはいえ、安い買い物という訳ではない。

将来のためとはいえ、今の財布が乏しくなるのは最大のデメリットだ。

脱毛中は恥ずかしい

介護脱毛としてはVIOの脱毛が重要だ。

そうなれば、当然脱毛時に陰部を施術スタッフに見られることになる。

いや、大の大人がそんくらい我慢しろよ!って思うかもしれないが、やっぱり恥ずかしいものは恥ずかしい。

誰にも見られず脱毛をすることは不可能だ。(特にIラインOラインは自己処理はきつい)

せめて、

女性に見られるのが恥ずかしい人は男性スタッフが施術してくれる店に、

男性に見られる方が恥ずかしい人は女性スタッフが施術する店を選ぼう。

女性スタッフが施術してくれる店は、下で紹介している。

将来的に恥ずかしい

「このおじいちゃん、男なのにVラインがツルツルだ」

将来的にこんなこと思われることを想像して脱毛を敬遠してしまう。

でも、今やスポーツ選手はVIO脱毛している話をよく聞くし、今の若者はVラインの処理をしている人が多い。

さらに、今後介護脱毛する人が増えるはずだ。

男の脱毛もそれほど珍しいことではなくなってくるはずだ。

脱毛男子に追い風が吹いている。

 

脱毛すべき部位は?どこまで脱毛する?

どこまで脱毛する?レーザー脱毛かフラッシュ脱毛か

フレッシュ脱毛もレーザー脱毛も脱毛範囲を細かく指定でき、さらに回数によって毛の量も調節できる。

将来、介護を受けるときにどこをどれくらい脱毛すればべきなのだろうか。

脱毛する部位

介護のための脱毛で必須なのはIラインとOラインだ。

ここの毛があるのとないのとでは排泄物の処理の手間が大きく変わる。

また、Vラインもおしっこを拭く時に綺麗に拭き取れるので、臭いや肌のカブレを予防するために処理をしておきたい。

次に優先度は低いがヒゲを無くす(薄くする)ことでヒゲ剃りが楽になる。

ヒゲは介護でなくても、毎日手入れをする必要があるので若いうちから脱毛をしておけば、

一生涯でヒゲ剃りをする時間を短縮できる。

ツルツルは恥ずかしい?

IラインやOラインはツルツルにしたい。

でもVラインをツルツルにするのは抵抗がある人が多いと思う。

パートナーに嫌がられたり、温泉やゴルフのシャワーなどで変な目で見られることも。

それが嫌ならVラインに限ってはツルツルにする必要はない。

フラッシュ脱毛を3回ぐらい射てれば自然な感じで薄くなる。

 

 

介護脱毛をするなら出来るだけ早く

早めに脱毛をしておきたい

20年、30年先の介護のことなんて考えられない。

その頃に考えれば良いかぁ

って思ったあなた!後悔することになるかも。

白髪は脱毛できない

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛は毛根の黒い色素に反応して脱毛するので白髪は脱毛できない。

個人差があり一概にがは言えないが40代から陰毛の白髪が生えてくる人が増えてくる。

だから早めに脱毛するべきだ。

白髪が生えてからレーザー脱毛やフラッシュ脱毛をすると、白髪のみが残ってしまいみっともない姿となってしまう。

どうしても白髪を脱毛したければニードル脱毛という方法で脱毛はできるのだが・・・

ニードル脱毛は電極が付いた針を毛穴に刺して電気を送る脱毛だ。

1回1回がレーザー脱毛と比べ物にならないくらい痛い上に、1回に1つの毛穴しか処理ができないので相当な痛みと時間とお金がかかる。

そんな思いをしないためにも出来る限り早くフラッシュ脱毛やレーザー脱毛をしておきたい。

介護までの期間も

介護脱毛をするにしても脱毛のメリットは介護のためだけではない。

IラインやOラインの毛がないことで、お尻を拭く時に楽になるし、清潔感がでてパートナーにも喜ばれる。

Vラインも少なくすることで見た目も清潔感がでてくる。

わざわざ人生の終盤だけのために脱毛をするのでなく、元気な期間も脱毛でツルツルになって気持ちよく過ごしたほうがお得だ。

介護脱毛は自分で出来ない?

介護脱毛を自己処理できるか?

店で脱毛してもらうのは恥ずかしいって人もいるかもしれない。

でも『介護脱毛』には自己処理だとかなり難しい。

自己処理の方法としては、

  • ブラジリアンワックス
  • 家庭用脱毛器

などの方法があるが、ブラジリアンワックスとはワックスで抜くだけの脱毛方法で、定期的に行う必要があるので意味がない。

また、介護脱毛に必須のIラインOラインは家庭用脱毛器で自己処理をするのは、とても難しいのでこちらもオススメはできない。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛のサロンやクリニックに行くのが好ましい。

男に局部を見られるのが恥ずかしいのであれば、女性スタッフが施術してくれる脱毛サロンもある。

↓で紹介しているので参考にして頂きたい。

逆に女性に見られるのが恥ずかしい人は、男性が施術してくれるクリニックやサロンを選べばいい。

-脱毛あれこれ

Copyright© 女性スタッフが施術するメンズVIO脱毛店FAN , 2021 All Rights Reserved.